仮性包茎手術の種類と治療の流れ

安心して治療できるクリニックを選ぶ

真性包茎やカントン包茎の場合は積極的に治療を受ける人が多くなっていますが、仮性包茎の場合は治療をする人、しない人がいます。仮性包茎の場合は特に支障がなければ治療を行わないという選択もありますが、見た目を良くしたい、清潔を保ちたいなどの理由で手術を選ぶ人も少なくありません。保険適用の治療は泌尿器科で受けることができますが、仮性包茎の場合は保険適用はされず、自由診療となります。それゆえ、仮性包茎の治療は男性専門のクリニックや美容外科などで行われることになりますが、まずは安心して治療を受けられるクリニックを選ぶことが大切です。
治療の技術の高さや治療の種類もクリニックごとに違いがありますので、じっくりと比較して選んでいきましょう。治療費が適正であるかどうかも確認しておきたいところです。仮性包茎の治療は日帰りで行うことができますが、来院していきなり手術ということはありません。
まずはカウンセリングを利用して治療方針を決めていくことになります。

切らない治療が利用できることも

仮性包茎の手術方法も色々な種類があり、クリニックごとに独自の技術を提供している場合もあります。治療内容や費用、仕上がりの良さなどもしっかりと確認して医師と相談しながら自分に合う治療を選んでいきましょう。切開を伴う治療というイメージもありますが、軽度の仮性包茎であれば切らずに改善できる場合もあります。カウンセリングの際は治療内容や費用の説明が行われ、納得ができれば手術の申し込みへと進んでいきます。カウンセリングを受けても必ず申し込みをしなくてはいけないという訳ではありませんので、納得ができない場合は別のクリニックに相談することも考えてみましょう。手術当日は、準備もありますので遅れないように早めにクリニックに向かいます。手術後は入院の必要なく帰宅することができますが、飲酒や激しい運動はしばらく控えておく必要があります。アフターケアの方法も説明がありますので、正しい方法でケアを行うようにします。吸収糸が使われる場合は抜糸の必要もありません。

まとめ

仮性包茎の場合は特に治療が必要のない人もありますが、見た目の悩みを解消したい、清潔を保ちたいなどの理由で手術を受ける人もいます。この場合は自由診療となりますので、美容外科や専門クリニックで治療を受けることになります。満足な仕上がりを得るためにもクリニック選びは慎重に行いましょう。良いクリニックが見つかったらまずはカウンセリングを利用し、治療方針を決めていくことになります。手術の種類も豊富に用意されていますので、最適な方法を見つけていきましょう。