仮性包茎の人をカモにしているコンプレックス商法に注意

仮性包茎の人が引っかかりやすいコンプレックス商法

仮性包茎は生きていく上では全く問題のない事ですが、男性の自信を失わせたり劣等感を抱かせる原因にもなっています。しかし場所が場所なだけに誰にも相談できないまま、ひたすら隠している人も多いのが仮性包茎の現状です。このような仮性包茎の人たちをカモにして、コンプレックス商法を行なっている人がいることもあります。
コンプレックス商法は消費者の危機感や劣等感を煽りながら、さらにコンプレックスを抱かせることで高い機械や整形手術・薬などの販売を行う方法です。もともと仮性包茎をコンプレックスとしているため、こういった商法にハマりやすいため注意が必要です。具体的には仮性包茎であれば、異性に好かれないや細菌が繁殖して病気になるなどの謳い文句が多くなります。さらに仮性包茎ではない場合と比較して、劣っているように意識を持って生き商品を買わせたり手術を勧めてきたりします。コンプレックスがありそのため、コンプレックス商法に引っかかってしまったこと自体も口外しづらいのが現状なので注意が必要です。

仮性包茎についてのコンプレックス商法の内容

基本的に真性包茎ではない仮性包茎は、機能的に問題がないため手術を行う必要もないとされています。しかし他の人の状態を知ることはできないですし、自分だけが仮性包茎で異性にモテないとしている人も見られます。このような場合はすでにコンプレックスとなってしまっているので、商法でカモにされやすいので注意が必要です。コンプレックス商法の中での仮性包茎の位置付けは、清潔ではなく恥ずかしいことや、一人前の男ではないという意識を植え付けられます。そして周りの人はすでに手術を行い、女性にモテ始めたと言われたりもともと仮性包茎ではないと言われるとさらにコンプレックスを感じます。このような商法でカモにされやすい人は、情報が少ない人が多いため、すぐにカモにされてしまい高い治療代を払うことになります。カモにしてくる相手にも問題がありますが、このような罠に引っかからないための知識を持っておくことも大切です。

まとめ

仮性包茎は男性に多い悩みですが人によりその重症度は違っても、機能に問題があるわけではないですし生きていく事ができます。しかしそれをコンプレックスに感じさせて、美容整形などの手術を受けさせた上で、高額な費用を請求するコンプレックス商法も少なくありません。多くの男性が仮性包茎であることを知り、それほど大きな問題ではないという事がわかるまで情報を集める必要があります。また強い信念を持っておく事で、こういった商法に惑わされる機会も少なくなります。