仮性包茎を手術で治すことのメリット

仮性包茎は不衛生で臭い

仮性包茎は、性行為をするときには亀頭を露出できるから、特に気にする必要がないといわれています。でも、普段は包皮を被っているので、その中で汗などで蒸れたりおしっこがついたりして、細菌が繁殖してしまう可能性があります。そのせいで炎症が起きると化膿して腫れ上がり、痛みが出ると大変です。細菌が繁殖するということは、性行為をしたときに性病に感染しするリスクも出てきます。また、包皮が被っていると垢がたまって、不衛生な状態になり臭いもします。仮性包茎でペニスが不衛生な状態になってそういった実害がでたとして、治療をして症状が収まったとしても根本的な原因を解決しないと二度目、三度目が起きることになるでしょう。

ですから、仮性包茎であっても面倒臭がらずに思い切って手術をしてしまったほうが、メリットが大きいです。基本的に仮性包茎の手術は、事前に切除する部分を正確に調べておけば、再発するリスクは少ないのでもう病気や臭いに悩まされることはありません。

手術をすれば早漏が改善する

仮性包茎の人が手術をすることのメリットは、早漏が改善することです。仮性包茎で普段は包皮が被っていると、亀頭が下着などに触れることはありません。そのため性行為をしようと、亀頭を露出させると慣れない刺激で過剰に反応して、すぐに射精をしてしまいます。亀頭がそれほどまでに敏感な助教をなんとかしたいのであれば、普段の生活から露出させて鍛えるしかありません。繰り返し刺激を受けていれば、多少の刺激に反応することなく長く勃起し続けられます。
もちろん仮性包茎ですから、やろうと思えば亀頭を露出させたままでの生活はできますが、何かの拍子に元の状態に戻る可能性があります。外出先でそうなってしまったら、再び露出をさせることはできません。ですから、手術をして仮性包茎でなくなれば、特に何かをすることもなく亀頭を露出できるようになります。そうやって早漏を改善できれば、女性に積極的にアプローチができますし、恋人や妻との性生活が充実します。

まとめ

仮性包茎は、包皮を被った亀頭の周辺で細菌が繁殖して病気になったり、垢が溜まって臭うことがあります。病気や臭いは一度なんとかしても、繰り返しやすいので根本の原因を解決しなければいけません。それに亀頭が包皮に守られて刺激を受けていないと、性行為をしてもすぐに終わってしまう早漏になりやすいです。手術で余計な包皮を取り除けば、不衛生な状態ではなくなりますし、亀頭を鍛えて早漏を改善することというように、いくつものメリットがでてきます。