仮性包茎とは|見た目で恥ずかしく思う男性も少なくない

仮性包茎がコンプレックスになって、性生活がうまくいかないという男性は多いでしょう。仮性包茎はそれほど重度な症状ではありませんが、見た目に悩んでいる男性は少なくないです。コンプレックスを抱え続ける状況はつらいので、悩みを感じている方は早めに対処してください。

ここでは仮性包茎の症状の特徴、仮性包茎のデメリット、治療をしたほうがよい状況などについて説明しています。治療が必要かどうかは本人が決めることですが、治したいと思うのであれば自分の気持ちに正直になってみましょう。下半身の悩みを解決することは大きな自信につながります。

仮性包茎とはどのような症状なのか

仮性包茎とは軽度の包茎のことであり、包皮を問題なく自力で剥ける状態を指しています。普段は包皮を被っていますが、入浴時や性行為のときは普通に剥けます。ただ一時的に剥いてもすぐに元に戻ってしまうことが多く、見た目が恥ずかしいと感じる男性は多いです。男性の多くは包茎は恥ずかしいことだと認識しています。

海外では小さいころに包皮を切除するケースが多く、大人になったときは亀頭が露出しています。一方で日本は幼少期に包皮を切除する習慣はないため、包茎人口が必然的に多くなるのです。

仮性包茎は病気には該当しませんが、日常生活においてメリットは何一つありません。デメリットのほうが大きい症状のため、必要と感じるならば包茎治療の専門クリニックで治療を受けましょう。大人になっても包茎のままならば、そのまま放置して治ることはありません。目元や鼻の形状を変えるためには美容整形手術を受けるしかないはずです。包茎に関しても同様であり、手術をしなければ改善しないのです。

恥ずかしいという気持ちはコンプレックスになりますので、早めに解消しておきましょう。コンプレックスから解放されると気持ちが前向きになって、男性らしさがより強く芽生えてくるはずです。

仮性包茎の人口は非常に多い

仮性包茎の男性はごく一部だと思うかもしれませんが、実際は男性の60~70%程度が該当すると言われています。つまり日本人にとって仮性包茎は普通の状態であり、病気には該当しないのです。しかし仮性包茎は皮被りと呼ばれることが多く、男性のコンプレックスの要因となっています。

日本では亀頭が露出している状態が当たり前であり、そうでない状態は正常ではないと認識されているのです。確かに仮性包茎も包茎の一種ですが、真性包茎やカントン包茎とは違って病気ではありません。

それでも見た目にコンプレックスを感じてしまう男性は多いので、悩みがあるならば早めに包茎治療を受けて改善させてください。コンプレックスというのは自分がどう思うかで決まるのです。他人があまり気にしていなくとも、自分が気にしていれば大きな悩みになります。そして悩みを解消するためには、原因を除去するしかありません。

包皮が被っていて恥ずかしいと思うのであれば、余分な包皮を除去していく必要があります。それにより常時包皮が剥けた状態になり、銭湯に行ったりパートナーと性行為をしたりするときなどにコンプレックスを感じなくなるでしょう。男性の自信を養うためには、劣等感を除去していくのが先決です。

仮性包茎の最大の問題は臭いにある

仮性包茎の治療には健康保険は適用外になります。見た目が恥ずかしいと思うかもしれませんが、病気とはみなされないためです。病気ではない症状に対しては、健康保険が使えることはありえません。

仮性包茎のペニスをパートナーに見られるのは抵抗があるという男性が多いですが、性行為の前に剥くことができるでしょう。銭湯に行くときも剥けるはずですから、仮性包茎であることを隠すことは可能です。銭湯に行くと剥けている男性ばかりで自分に自信がなくなるという男性が多いですが、周りの男性の多くは事前に剥いているのです。

仮性包茎で注意するべき問題は、見た目より臭いだと考えてください。女性はペニスの見た目はそれほど気にしないため、男性のとりこし苦労であることが多いです。ただ普段から包皮を剥いて洗浄する習慣がなければ、強烈な恥垢臭が発生しているかもしれません。女性は見た目にはそれほどこだわりませんが、臭いには非常に敏感だと考えてください。

恥垢を除去しなければ亀頭包皮炎のリスクを高くするので、普段から洗浄しておく必要があります。勃起時に包皮を剥くのが難しくなる場合は、仮性包茎よりもカントン包茎に近いと考えられます。

まとめ

自分で包皮を剥けば亀頭を露出できる反面、何もしなければ皮被りの状態を仮性包茎と呼んでいます。見た目が恥ずかしいと考えている男性が目立ちますが、仮性包茎の割合は非常に多い現実があります。仮性包茎は無理をして治療をする必要はなく、コンプレックスや生活に支障を感じている状況などで治療を検討するべきです。

例えばパートナーに包茎を見られるのが恥ずかしい、恥垢の臭いが強いのでどうにかしたい、といった状況で役立つでしょう。治療をしようか迷っている状態にあるなら、受けておくのが確実です。コンプレックスは原因を解消しなければ、永遠と続くことになるためです。

PRサイト
仮性包茎のお悩みはメンズサポートクリニックへ
無料相談のみでもお伺いいたします